【2018年】知っていたい!節分はいつ?由来?節分に何する?

節分は2月3日に決まってる!って思っていませんか?
実は節分の日は年によって違うんですよ。

他にも、節分の由来や、節分に何をするのか、なぜするのか、わかっているようで知らない、節分の基礎知識をまとめたので、子供に教えてあげたりするのに役立ててくださいね。

スポンサードリンク

2018年節分の日は2月3日で間違いない?

今年2018年の節分の日はいつでしょう?

節分は2月3日だと思っている人が多いと思うのですが、実は年によっては2月2日や4日になったりすることもあるのです!

1985年からはずっと毎年2月3日でしたから、それ以外の日が節分になるとは考えられないかもしれませんが、1984年は2月4日だったんですよ。

では、気になる今年2018年の節分は何日でしょう?

ずばり、2月3日です!

なーんだ、という感じですが、今年は例年通りの日付で間違いないです。

注意すべきは2021年もしくは2025年の節分が、2月2日になることなんです。それ以外は2月3日であることが多いです。

では、どうしてこんな風に年によって日にちが変わったりするのでしょう?

節分とは、「季節を分ける」ことを意味しており、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指します。

そのため本当は節分は年に4回あるのですが、今一般に言われているイベントの節分は立春の前日です。

立春は1年の始まりであることから、一番大切にされてきたためだそうです。

つまり、立春の日が年によって変わるため、節分の日も変わるということです。

では、立春はどうやって決まるかというと、太陽黄経(たいようこうけい)が315度となる日なのだそうです。

聞きなれない言葉でわかりにくいですが、地球を中心とした時の太陽の見かけ上の通り道を黄道(こうどう)と言いますが、その春分時の太陽の位置を太陽黄経0度とした時、立春の日は315度となる、ということです。

つまり、天体の運行に基づいているので、日付は年によって違う、ということなんです。

1984年までは4年に1度のうるう年の節分が2月4日でしたが、2021年もしくは2025年以降はうるう年の翌年の節分が2月2日になります。

節分の由来、大豆を使う理由とは?

今の暦ではだいたい立春が2月4日に来ていますが、旧暦では立春の頃、年のはじめ(元日)が来ており、節分が大みそかに重なったため、1年で最も大切な節目でもありました。

そして、昔から季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたため、それを追い払う行事が行われていました。

古代中国から伝わり、日本でも平安時代の初期から宮中で、大みそかにあたる節分に、「追儺(ついな)」「鬼やらい」と言われる鬼払いの儀式があったのがそれです。

過ぎ去った年の厄や災難を祓い清めるためのものであったようで、これが節分の由来とされています。

また、昔、京都の鞍馬山から鬼が出て都を荒らしていたが、毘沙門天(びしゃもんてん)のお告げによって炒り豆(大豆)を鬼の目に投げつけると退治することができたという故事伝説もあります。

語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」から、邪気を追い払い無病息災を願う意味が込められているそうです。

最近では豆まきに大豆の代わりにピーナッツを使ったりすることも多いようですが、伝統的に大豆が使われている理由は、穀物や果実には昔から邪気を払う霊力があると考えられてきたことがあります。

スポンサードリンク

大豆は五穀のうちの一つで、穀霊が宿るともされていて、米についでよく神事に使われてきていたことも理由の一つでしょう。

また、炒った大豆を使う理由は、拾い忘れた生の大豆が芽をつけると縁起が悪いことと、炒るというのが射るにも通じる語呂合わせからとも言われています。

確かに、豆まきには炒った大豆を使うのが正しいのですが、北海道や東北などでは落花生(ピーナッツ)が主流であるようですね。殻ごと撒いたら衛生上安心だし、無駄にならないというのでとてもいいですよね。穀物であることに変わりはないし、こちらもどんどん使って節分を盛り上げてほしいと思います。

節分に何するの?一般的な節分の過ごし方

節分について、ずいぶん理解が深まりましたが、では、何を用意しどのように過ごせばいいでしょうか?

子供がいる家庭だと、豆まきはとても楽しいイベントですよね!

片づけをする親御さんはそうでもないかも、ですが、子供は大喜びですから、ぜひ楽しい節分にして欲しいです。

節分の日にすること
1.豆まき
2.豆を食べる
3.恵方巻を食べる
4.いわし料理やこんにゃく料理、節分そばを食べる
5.ヒイラギの小枝やイワシの頭を棒に刺したものを玄関などに飾る

1.豆まき

炒った大豆か落花生を用意します。
前の日から、または当日神棚にお供えしておくというお家もあります。

豆まきは夜行う(鬼は夜に来るため)のが一般的です。家族がそろった時にするとよいですね。

子供がいるなら鬼のお面を用意して誰かが鬼役をすると楽しいです。

「鬼は外、福は内」と言いながら家中に撒いていきましょう。

豆をまくのは、家族の中でも厄年の人、その家の主人がすると縁起が良いということです。

2.豆を食べる

豆は、年の数、もしくは年の数プラス1つを食べて、福を取り入れてください。実際いくつ食べるかは、どちらでもよいです。

一つ多くというのは来年も健康であるようにという気持ちを込めているということですが、年の数え方も満で考えるか、数え年で考えるかによっても違いがあるため、どちらでもよいです。

3.恵方巻を食べる

夜、その年の方角を向いて、恵方巻を食べるのも節分の日ならではの楽しいイベントです。

2018年の方角は「南南東」ですので、その方角を向いて、願い事をしながら、何も言わずに7種の具材の入った太巻きを食べきります。

福を巻き込み、願い事もかなうかもしれません。

4.いわし料理やこんにゃく料理、節分そば、けんちん汁、くじらを食べる

においのあるイワシは陰の気を消してしまう魔除けの効果があるそうです。

こんにゃくは体内の毒素を排出し、身を清める効果が期待されるためだそうです。

節分そばは、旧暦では大みそかに重なったため、年越しそばと同じ扱いです。

くじらは大きなものを食べると縁起が良いとされているためだそうです。

5.ヒイラギの小枝やイワシの頭を棒に刺したものを玄関などに飾る

鬼が来ないように魔除けのために飾るのです。

ヒイラギはその刺で鬼の目を刺すとされていますが、イワシは鬼を寄り付かせないためとも、おびき寄せてヒイラギの刺でやっつけるためとも言われています。

まとめ

2018年の節分について、だいたいわかっていただけたでしょうか?

大切なところをまとめると、

・2018年の節分は2月3日。
・節分は厄を払い、清めるための伝統的行事である。
・豆まきには炒った大豆を使うのが正しいが、落花生でもよい。
・2018年の恵方巻の方角は「南南東」。

子供さんのいる家庭は特に、楽しい節分になるように、オリジナルの節分をコーディネイトしてみるのも思い出になりよいものですよ。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です