【2018年】雛人形を飾る時期って、いつからいつまで?雨水の日がいいって本当?

女の子のいる家庭では、かなり大きなイベントである桃の節句★
せっかく買ってある雛人形を飾るのは、親の大事なお仕事です。

せっかく雛人形を飾るのだから、できるだけ長く飾っておきたい、と思う反面、
あまり長いこと出しておくとホコリがついたりしてまずいんじゃないか、とも思うし、、、

また、あまり長く飾っておくと、婚期が遅れてしまうというジンクスも気になるところ。

いつからいつまで雛人形を飾ればいいのか、まとめてみたので参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

雛人形を飾る時期、一番いいのはいつ?

「雛人形を飾る日はいつがいいか」については、いくつかの説がありますが、本当はこの日と言って決まっているわけではありません。

桃の節句というひなまつりの季節感さえ大事にしていれば、
ひな祭りの前日でない限り、都合のいい日でよいのです。

でも、一般的にはいつごろ飾るものだろう、という疑問はもっともなので説明していきますね。良縁に恵まれるとか、縁起の良い日もありますよ。

立春の日(節分の日の翌日)から飾る

立春の日は節分の日と同様、天体の方向によって決まるため、年によって日が変わることもありますが、大体2月4日ごろになります。2018年は2月4日です。

春が始まる日ですから、桃の節句という季節感にもぴったりだし、節分によって邪気除けをした後なので縁起もよいですよね。

立春を迎えた後の天気の良い日で、さらに条件が合えば、六曜で一日中縁起が良いとされている大安の日を選んで飾るという人は多いです。

縁起をかつぎたい人は次を参考にしてみてください。

2018年の大安2月なら、

 3日(土)
 9日(金)
 15日(木)
 20日(火)
 26日(月)

になります。

大安の日でなくても、時間を合わせれば縁起の良い日はいくらでもあります。

六曜では、

・友引 朝夕は吉
・先勝 午前中は吉
・先負 午後は大吉
・赤口 正午ごろ吉

となっていますので、仕事の都合でどうしても大安は無理という場合には吉や大吉の時間に合わせてみましょう。

松の内が過ぎたら飾る

「松の内」とは、お正月の松飾りのある間を指します。

つまり、元旦から1月7日もしくは15日までです。

地域によってその期間についての考え方は違うようですが、関東は7日まで、関西は15日までとするところが多いようです。

1月に雛人形を飾るなんてとても早いように思うかもしれませんが、初節句には雛人形のお披露目を兼ねて、長く飾る習慣もあるのです。

そのため、1月中旬から下旬の縁起の良い日に飾る人もいます。

また、地域によっては、1月15日の小正月を「女正月」として、雛人形を飾るのにふさわしい日としているところもあります。

雨水に飾る

雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言って、その日やその期間中を選んで雛人形を出す人もいます。

これについては、以下でもう少し詳しく見てみましょう。

雨水の日、雨水の期間が雛人形を飾るのにいいって本当?

雨水とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の日付けのひとつで、立春や春分の日などと同じような季節を表す日です。

雨水の日はだいたい2月19日頃になり、雨水の次の啓蟄(けいつち)の日は3月6日頃なので、雨水の期間はそれまでの間ということになります。

この日を境に、雪は雨に変わり、降り積もった雪も解け始め、川に流れ始めます。
また、春一番が吹き、農耕の準備を始める時期ともされていました。

雨の水、雪解け水、農耕に必要な水、、、

そういった水からも想像がつくように、水は命の源であり、母でもあります。

スポンサードリンク

この母である水の神様にあやかって、雨水にひな人形を飾ると良縁に恵まれる、良い伴侶に出会えるとされてきたのです。

ちなみに、2018年の雨水は2月19日です。

ひな祭りの1週間前には雛人形を飾ったほうが良いとされていることから、
2月19日から2月23日までに飾るといいですね。

参考までに、2018年の雨水期間の曜日と六曜、吉の時間も載せておきますね。

2月19日(月) 仏滅 
2月20日(火) 大安  一日中
2月21日(水) 赤口  正午ごろ
2月22日(木) 先勝  午前中
2月23日(金) 友引  朝夕

雛人形を飾るのは、いつでも本当は自由だと書きましたが、唯一避けるべきなのは、前日に飾ることです。お雛様に対する誠意にかけるとか、葬儀の準備を想像させ縁起が悪いということがその理由です。

やはり、せっかくのひな人形、ひな祭りを楽しむには、1週間前までには用意をしておきたいものですね。

いつまで雛人形を出しておいていいの?飾る時期のいろいろ

では、雛人形はいつまで出しておけばよいのでしょうか?
早く片付けないと婚期が遅れてしまうというジンクスもあるので気になりますよね。
かといって、3月3日にさっさと片づけてしまってもよいものでしょうか?

結論から言うと、
「雛人形を片づけるのが遅れると、お嫁にいけない」などというのはただの迷信です。

出したものをちゃんと片づけられないようなだらしないことでは、きちんとした女性になれず、お嫁さんにもなれません!というしつけの意味で、そう言われていたにすぎません。

とはいえ、3月3日のお祭りの日にさっさと片付けられてしまう雛人形もかわいそうな感じがしますので、2週間以内を目安に、湿気の少ない天気の良い日に片づければよいですね。

雛人形を片付ける日の目安は、啓蟄(けいちつ)の日

啓蟄の日は、先ほどの雨水の日の次とされている日で、2018年は3月6日にあたります。

この日は、冬眠していた虫たちが穴から出てくる頃、という意味です。

昔の人は季節の節目を大事にし、切り替えるためにも早めに片づけていたのでしょうね。

確かにいつまでも飾っているというのは、季節感がなくなり風流さにも欠けますから、できれば早めに片づけてあげたいですよね。

ただ、地域によっては旧暦で桃の節句を4月3日にお祝いするところもありますし、個人的な理由で3月にお祝いできない場合は4月にお祝いしても何にも問題ありません。

実際、関西地方では、旧歴や朝廷儀式にならって、3月2日頃の吉日に雛人形を出し、
4月3日にお祝いをしてから片づけるところも多くあります。

まとめ

雛人形を出す時期や、片づける時期、それぞれにいろいろな意味があることがわかりました。

いつからいつまで雛人形をだしておくといいか、まとめると、

・雛人形は前日に出すのでなければ、いつ出しても構わない
・立春の後の、縁起の良い日に飾る人が多い
・雨水の日、期間に飾ると良縁に恵まれる
・ひな祭りの1週間前には飾るべき
・早く片づけないと結婚できないというのは迷信
・啓蟄の日に片づけるとよい
・季節感を大事に、早めに片づけましょう

となっています。

雛人形は、毎年私たちのうちにやってきてくれ、娘の身代わりに災難や不幸を背負ってくれるものです。

飾るとき、片づけるとき、できれば子供たちと一緒に「今年も来てくれてありがとう」
「また来年会おうね」って雛人形に話しかけながら楽しんでやれたらいいな、って思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です