雛人形を受け継ぐのではお守り効果がない?二人めが産まれたらどうする?

雛人形、娘に新しいのを購入するのか、
自分の雛人形を飾ろうか、迷っている人はいませんか?

新調すればよいのかもしれないけど、買ってしまうと自分のものだった雛人形はまったく出番がなくなりそうだし、まだきれいでとても気に入っているので、できれば娘に受け継いでほしい、そう思うのも自然なことです。

雛人形は値がはるものですし、着物だって譲り受けたりするものなのですからね。

でも、「雛人形はその子の身代わりになって災難などを引き受けてくれるものだから、その子専用のものが必要」とも言われています。

だとすると受け継ぐのはよくないのでしょうか?

その辺、気になるのでまとめてみました。

スポンサードリンク

雛人形、自分のを娘に受け継ぐってあり?

雛人形は一人一人の災厄を身代わりになって守ってくれるという言い伝えがあります。

平安時代に、紙で作った人形を川に流すことで災厄を祓う「流し雛」が雛人形の前身であることから、そう考えられているのです。

そのため、それぞれの守り雛として、女の子一人につき一対の雛人形が必要で、親から子へ譲り受けたり、姉妹で共有してはいけないとも言われています。

そんなことをすると、厄除けという本来の意味がなくなって、逆に災難を引き継がせることにもなる、と考える人もいるのです。

この考えを踏まえるなら、雛人形は小さくてもそれぞれのものを用意すべきで、
女の子の多い家庭ではいくつも雛人形が必要ということになります。

でもその一方で、代々伝わる雛人形を大切に引き継いでいくという家庭があるのもまた事実です。

引き継ぐときに、傷んだ人形を修繕したり買い替えたり、添え雛やお道具を買い足したりするとも言います。

こちらは、雛人形を平安貴族の「遊びごと」としての人形に重きを置いた考え方で、ずっと家族と共に喜び、悲しみを分かち合い、常に家族を見守ってきてくれたと考える人に多いのではないかな、とおもいます。

お人形を大切に受け継いでいく姿勢は、子供にも見習わせたい美しい日本の心でもあります。

この事からもわかるように、
雛人形にはいろんな考え方、また地域の慣習などもあり、正解はない、

というのが結論です。

だから、自分の雛人形を娘に受け継ぐというのもまたアリ!なのです。

その際、お守り効果がなくなるか、というのも本人の気持ち次第です。

一人ひとりの守り神ならば、形のうえで受け継いだとしてもやはり前の持ち主の守り神であるという事実はかわらない、という見方もある一方、受け継いだら、今度からは新しい持ち主の守り神になる、と考えてもおかしくないわけです。

家族で大切にしてきた雛人形なら、受け継いでも変わらず家族の守り神でいてくれるでしょう。

どういう考え方をしても、常に反対の考えの人もいるということを理解するのも大切です。

家族にこれといった考えのある人がいればその意見を尊重して、相談しながら決めるのがよいですね。

スポンサードリンク

また、ひな人形を受け継いだことで災難も引き受けてしまうというのは、ずっと大切にしてきた雛人形にはありえないことだと、個人的には思うのですが、気になる人には「類は友を呼ぶの法則」で、引き寄せてしまうこともあるかもしれません。

少しでも気になればやめたほうがよいでしょう。

ふたりめが産まれたら?雛人形の共有はだめ?

自分の雛人形があるが、娘にもそれ専用のお雛様を買おうと検討している。

でも、もしふたりめも女の子だったらまた買わなくてはいけないのか?

もし共有できるなら、娘たちに一つ良いものを、できないなら自分のを飾り、それぞれに小さなものを買う形でもよいのかな、と考えているが、、、というケースもあるのではないでしょうか?

雛人形の購入に関しては、自分の好きなようにしていいのですが、
それぞれに守り雛があるほうが安心と言う気持ちも理解できます。

かと言って、スペースや金銭的な面でも、いくつもの雛人形は用意できないですよね。

また、子供って独占欲が強く、これは誰のかというのは結構な頻度でけんかの原因になります。いっそのこと、みんなのだよとした方が平和なんですよね。

雛人形の共有については、雛人形は一人に一対のお守りという考え方があるということを理解さえしていればどうしようと自由です。

娘たちに一つとしても、一人一人に小さいものを買っても、つるし雛や掛け軸、など違う種類のものを買ってもよいのではよいのではないでしょうか。

ただ、種類の違うものをこれは誰々のもの、と小さい子供たちに言ってしまうと、どうして私はこれじゃないの?などとけんかになってしまう可能性は高いですから、これは誰のというのはお母さんの心の中にしまっておいて、全部みんなのよということにした方がいいと思います。

みんなで守ってくれるお雛様を大切にしていきたいですね。 

どうしてもスペースがない!小さい雛人形の紹介

やはり、それぞれに雛人形を、となると、スペースの問題は否めません。

お内裏様とお雛様の一対でも、きちんとした立派なものを買えば結構なスペースです。

子供の分だけお雛様を用意したいという場合は、小さな雛人形を探さないといけませんよね。

ここでは、小さな雛人形を紹介したいと思います。

・小さめの親王飾り
・キティちゃんの雛人形
・ウサギのちりめん雛人形
・テディベアの雛人形
・立雛のセット

また、趣向を変えて、別のものを用意してあげてもいいかと思います。
地域によっては次女には市松人形を贈ることもあるようです。

・市松人形
・ウェッジウッドの雛ドールプレート
・つるし雛
・掛け軸

まとめ

いかがでしたか?

雛人形は一人につき一対でその子のお守りになってくれるため、それぞれに雛人形を用意してあげたほうがいい、とは言われていますが、考え方、慣習、地域によって様々なのでこだわる必要はなく、自由にしていいということがわかりましたよね。

でも、ひな祭りを盛り上げるものにはいろんなものが出回っているので、そちらも参考にして、楽しいひな祭りにできたらいいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です