【雛人形の処分】供養は必要?いくら?自分で供養する方法を教えて!

雛人形は、どうやって処分するのが一番いいのか、困っていませんか?

人形には魂が宿るとも言い伝えられていますし、処分したいと思ってもなかなか簡単にポイっというわけにはいかないですよね。

また、誰かからのもらい物であり、思い出も多く、ずっと見守ってきてくれたお雛様にも申し訳ない気分になって、お別れするのがつらいものでもあります。

ここでは、どうやって雛人形を処分すればいいか、特に雛人形の供養に焦点をあててまとめてみましたので、雛人形を供養しようと思っている人は参考にしてください。

スポンサードリンク

雛人形の処分に供養は必要?供養しないで済む方法ってある?

雛人形の処分に供養は必要でしょうか?

必要か、必要でないかと言われると、
雛人形の供養は絶対必要ということはありません

供養というのは、もし人形に念(持ち主の思い)が宿っていたら(これを魂が宿ると表現する人もいます)これを祓うため、そして今までの感謝の気持ちを形にして表すために行うものです。

呪いや祟りが怖いので供養してもらおうと考える人もいますが、もちろん人形を供養せずに処分したら必ず呪われる、というわけではありませんから、あくまで気持ちの問題です。

家族や自分が大事に扱ってきた雛人形なら、そんなことはあり得ないと思いますので、
呪いや祟りについてはあんまりこだわらない方が良いと思います。

しかし、供養はそのお人形に感謝の気持ちでお別れをするために大切だとも言えます。

自分で供養をしてもよいですが、できれば神社やお寺でちゃんと供養してあげれば、雛人形も喜んでくれますね。

とはいえ、壊れていたり、状態が悪く飾れないのであれば捨てるより仕方ありませんが、まだ使えそうな状態なら、雛人形にとっては、毎年飾ってみんなに見てもらうのがやはり一番うれしいこと!

誰かに譲るなり、寄付するなり、オークションやフリーマーケットで売るなどして、使ってくれる人を見つけてあげたいものです。

このように供養しないで処分できれば一番良いのですからね。

しかし、譲り手を見つける、というのはなかなか時間のかかるもの。
そういう時間もない人も多いと思います。

でも、段ボールに雛人形を詰めて、発送手続きをするだけならどうでしょう?

「ワールドギフト」という会社では、不要になった雛人形を供養後、発展途上国で再利用する手続きをしてくれます

段ボールの箱の縦・横・高さの合計によって料金が違いますが、

120サイズで3900円
140サイズで4400円
170サイズで4900円

で、供養料・配送料他、再利用までのすべての料金が含まれるということですから、とても格安です。

雛人形の供養はいくらぐらい?具体的に何をする?

雛人形の状態が良ければ、ほかで使ってもらうこともできますが、
もうどうしようもなくなっているなら捨てるしかありません(泣)
 
捨てる前には、今まで女の子の身代わりになって災難や不幸を引き受けてくれたことに
感謝をして、供養してあげましょう。

神社やお寺で、人形供養をしているところがありますので、持っていくとよいでしょう。
宅配でも受け付けている寺社もあります。

雛人形の供養は、だいたい1000円~5000円が相場です。

神社やお寺によっては一体いくらと決まっているところもありますし、
一箱、一袋いくらと決まっているところもあります。
また、お気持ちとしているところもあるので、事前に相談が必要です。

スポンサードリンク

雛段や屏風、お道具やケースは受け付けてもらえないので、ごみとして別に出し、お人形だけ供養に持っていくのが一般的です。

では、具体的に人形供養とは何をするのか、というと、

お寺ではお経を読み上げ、その後お焚き上げしてくれます。
神社でも、塩やお酒でお祓いをし、祝詞をあげたり礼をしたりして清めた後、お焚き上げしてくれます。

お焚き上げは、環境への配慮からせずに、読経のみのお祓いの後人形を返すところもあるようです。また、一年中受け付けているところ、決まった期間のみののところと様々です。

お近くの寺社に持ち込むのが一番気持ちがこもっているように感じますが、
探すのも手間がかかりますし、一年中受け付けているということですから、
日本人形協会が日本郵政と提携した、「ゆうパック」による代行サービスを利用してもよいでしょう。

また、1月15日に神社で行われるどんど焼きや左義長焼きなどは、
お正月後にお正月飾りや書初めなどをまとめて焼く伝統行事です。

神事に関するもの以外は燃やしてはいけないともされていますので、雛人形は燃やせないことが多いと思います。

でも、場所によっては受け付けているところもあるようですから、問い合わせてみてもよいかもしれません。

雛人形の供養を自分でする方法ってあるの?

雛人形の供養は、神社やお寺にもっていった方が、ちゃんとしたお供養をしてくれ安心です。

特に、呪いや祟りが気になる人は、何かあったとき、供養しなかったせいにしてしまう傾向があるので、ちゃんとお供養してもらうべきです。

でも、供養は人形に、今までありがとう、安らかに眠ってねという
気持ちが一番大切なのですから、自分で供養することも可能です。

雛人形を自分で供養するには、、、

1.お塩(できればお酒・お米も)と和紙やきれいな紙を用意する
2.神棚や仏壇の前で紙を広げ、その上に雛人形を並べる
 外でする場合は、最寄りのお寺や神社をイメージしてそちらの方角を向いてするとよい
3.お塩を雛人形にパラパラとふりかけお清めをする
4.手をあわせて雛人形へ、感謝の気持ち・お別れの言葉を念じる
5.最後にお人形をきれいな紙で包み込み、お焚き上げをしたり、ごみとして処分する 
  

この手順で十分ですが、より丁寧にしたい場合は、お経を読んであげたり、
神主さんのように2回礼・2拍手・1回礼、祝詞をあげたりしてもよいですよ。

ただ捨てる、という行為より、こうやって供養してあげることで、人形も喜んでくれますし、
自分も後ろめたい気持ちにならずに、すがすがしい気分でお別れできます。

自分ででもできますが、お寺や神社ではより丁寧に儀式をしていただけますから、
心配な人はお坊さんや神主さんのような専門家に任せるとよい
でしょう。

まとめ

雛人形の供養についてまとめると、次の5点です。

・雛人形の供養は必ず必要というわけではなく、感謝の気持ちが大切
・雛人形に対する最大の感謝の表し方が「供養」だと言える
・まだ状態の良い雛人形ならば、寄付するという処分方法を考えてほしい
・雛人形の供養の相場は1000円~5000円
・自分で供養をする方法もある

調べているうちに、雛人形に限らず、ものを最後まで大切に扱うって事も、ひな祭りをお祝いするのと同じ「日本の心」だったな~と思い出しました♪
この心も大切に受け継いでいきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です