忘年会の挨拶!幹事が知るべき挨拶順番や依頼まで

今年の忘年会、
「新入社員なのに幹事を任されてしまって、心配。。。」
「大勢の先輩社員の前で、失礼なく幹事や司会が務まるだろうか?」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

幹事という仕事は会場の手配、余興の企画、参加者への案内や挨拶依頼など、
様々な仕事を同時にこなさなくてはならず、かなりの調整力が必要になってきます。
大変な仕事ですが、うまくやり遂げられれば、「あいつは仕事ができる!」
とあなたの評価を上げるチャンスにもなりますよ!

指名されたのなら、なかなか出来るやつだと思われている証拠かもしれませんので、
ここは逆に幹事を楽しんでみましょう。

ここでは、幹事が知っておくべき挨拶や挨拶の順番、挨拶依頼までをまとめてみましたので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

忘年会の挨拶って幹事は何を言えばいい?

忘年会の挨拶、大勢の前で何を言えばいいのか、悩んでしまいそうですが、
幹事ならそれほど心配することはありません。

特に面白い、気の利いたことを言おうと頭をひねる必要もないので安心です。

忘年会での幹事の挨拶は、あくまで会の進行をスムーズに行うための司会業であり、
脇役
です。だから必要最小限を伝えればよく、
代表者のメイン挨拶が引き立つように簡潔に済ませます

以下、忘年会の進行について、順に追って例文を交えて説明していきます。

忘年会の挨拶の順番や例文はこれ!

忘年会の挨拶は、基本的に以下のような順番で行われます。

1.開会宣言(幹事の挨拶)
2.開会の挨拶
3.乾杯の挨拶
4.宴会・食事・歓談
5.余興や表彰
6.締めの挨拶
7.閉会宣言(幹事の挨拶)

ただし、会社にはそれぞれ慣習としているやり方もあるでしょうから、あらかじめよく調べておくと良いですね。

1.開会宣言

これは、幹事もしくは司会者が行います。ざわついている会場で一同に注目してもらう必要があるので、はっきり元気な声で行います。

例文
「みなさま、お集まりいただきありがとうございます。これより、〇〇会社の忘年会をとり行わせていただきます。本日幹事(司会)を勤めさせていただきます〇〇と申します。どうぞよろしくお願いいたします。本日は2時間貸し切りの飲み放題となっております。たくさん食べて飲んで楽しみましょう。それでははじめに、〇〇社長に開会のご挨拶を頂戴したいと思います。〇〇社長、よろしくお願いします!」

2.開会の挨拶

これは出席者の中で一番上役の方が望ましいと思われますが、会社によっては開会の挨拶は軽く済ませて、締めに社長または1番上役の方に登場していただき、挨拶をして頂く形もありますので会社の慣習に従うと良いでしょう。

社長や上役の方への挨拶の依頼は、必ず事前に行い、その際には何分程度での挨拶を望むのか、あらかじめ伝えておいたほうが無難でしょう。

3.乾杯の挨拶

開会の挨拶と同じ人にしてもらう方法もありますが、参加者で3番目に上のくらいの方にあらかじめお願いしておくのが一般的なようです。

例文
「〇〇社長、ありがとうございました!それではみなさんお待ちかねの乾杯の音頭に移りたいと思います。グラスの用意はよろしいでしょうか?〇〇長、乾杯の発声をお願い致します。」

4.宴会・食事・歓談

乾杯が終わると宴会がスタートです。
幹事は以下のように挨拶すると良いでしょう。

例文
「ありがとうございました。それでは皆さん、しばらくの間美味しいお料理とお酒、ご歓談を存分にお楽しみ下さい。」

スポンサードリンク

5.余興や表彰

忘年会に余興は必須です。参加者が楽しめる景品付きのゲームや芸披露やカラオケなどをあらかじめ企画しておき、参加者の盛り上がり具合を見ながら開始するタイミングを計ります。会場はあらかじめ時間が決められていることが多いので、きちんと時間内に終れるように調整しなくてはいけません。お酒が入るとなかなか思うように進みませんので、余裕を持って始めるとよいですね。

例文
「皆さま、お楽しみのところですが、これから余興に移らせていただきます。豪華な商品を取り揃えております。皆さん、ふるってご参加ください。」
「ありがとうございました。以上で余興の方は終了となりますが、楽しんでいただけましたでしょうか?ご協力くださいました皆さん、ありがとうございました。まだ料理もお酒もございますので、最後まで存分におくつろぎください。」

6.締めの挨拶

締めの挨拶は、参加者で2番めに上の方にお願いするのが一般的なようです。あらかじめ依頼しておき、当日も突然ではなく、そろそろ時間であることを伝えてから振るようにしましょう。最後に手締めで締めていただくとよいですね。

例文
「宴もたけなわではございますが、そろそろ時間となってしまいました。締めの挨拶を〇〇長にお願いしたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。」

7.閉会宣言(幹事の挨拶)

締めの挨拶が終わるといよいよ最後です。最後の挨拶をし、お店に迷惑がかからないように速やかに誘導し、いつまでもダラダラと会場にとどまることのないように気をつけましょう。

例文
「それでは以上で忘年会をお開きとさせていただきます。御参加いただき誠にありがとうございました!なお、2次会を〇〇で予約していますので可能な方はぜひご参加ください。」

忘年会の挨拶を依頼する時は?

以上の進行例では3人の上役に挨拶をお願いする事になっていました。

整理してみると、

① 開会の挨拶 1番上の役職の方
② 乾杯の挨拶 3番目に役職の高い方
③ 締めの挨拶 2番めに役職の高い方

挨拶をお願いする時は、直接会ってお願いするのがマナーですが、社長など多忙でお会い出来る機会のない場合には、メールでも可能です。失礼にならないように、忘年会の挨拶依頼のメールはこのようにしてみると良いでしょう。

〇〇社長

〇〇部の〇〇です。
今年も残りわずかとなり、忘年会の季節がまいりました。
つきましては、忘年会の日程が下記の通り決定いたしましたのでご連絡致します。
ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、御出席いただきますよう、よろしくお願いいたします。
また重ね重ね恐縮ではありますが、その席で〇〇社長に、一言開会のご挨拶をお願いしたくメールいたしました。
もしご都合が悪いようであれば、他の方にお願いしますので、お手数ではありますが◯日までにご連絡をいただければ幸いです。

日時
場所
電話
会場までのアクセス

担当
電話メールアドレス

本来であれば、直接お会いしてお願い申し上げるべきところ、ご多忙中と
お伺いしましたのでメールにて失礼申し上げます。

まとめ

忘年会の幹事は、やることばかりで本当に大変。
はじめてなら不安も多いことですが、上記の例文を参考にすれば、きっとうまくいきます。

当日は最後の最後まで気が抜けませんから、他の参加者と同様にくつろぐことはできませんが、今回はみんなに楽しんでもらう日と割り切って、幹事を楽しむのもたまにはいいものです。

結果としてあなたの評価はぐっと上がること間違いないですよ。
頑張ってくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です