七五三の初穂料、兄弟での相場や書き方徹底解説!

今年は兄弟で七五三のお参りに行こうと思っている、
そんな時に、「金額はお気持ち程度で」、と言われると1番困ってしまうんですよね。

兄弟分の衣装代や撮影代など結構お金を使ったから
同時割引なんて通用するかなー、なんて思ってしまったり、、、

同時にあ、もしかしてとっても不謹慎?と思い返したり、、、

七五三の初穂料の相場や二人以上での金額、お金の包み方などまとめてみましたから、
いろんな準備で忙しいママさんのお役に立てたら嬉しいです。
よかったらチェックしてみてください。

スポンサードリンク

七五三の初穂料、お気持ちだといくら?相場が知りたい!

七五三の初穂料(はつほりょう)
これは祈祷料のことで、「神饌料(しんせんりょう)」「玉串料(たまぐしりょう)」とも言われます。

「初穂」はその年に初めて収穫されたお米ということです。
昔は神様への感謝の気持ちにお米をお供えしていたことから、
神前にお供えするお金のことを「初穂料」と言うようになったんです。

同様に、「神饌料」の「神饌」も神様の食べ物のことです。
「玉串料」の「玉串」は榊の枝に紙で作った紙垂を麻で結んで垂らしたもので、
人間と神様を結ぶものとして、とても重要な神様への捧げものです。

七五三の初穂料の金額は、神社によって違い、
あらかじめいくらと決められているところや、いくつかのグレードを用意している神社、
お気持ち程度としている神社がありますので、ホームページで確認したり、問い合わせてみるとよいです。

七五三の祈祷を受けるには、予約が必要な場合もありますから、
予約の必要の有無を確認するついでに、金額についても問い合わせると自然です。

全国での初穂料の相場は5000円です。
これだけ包めば、まず恥をかくことはありません。
時間があれば、地域にある他の神社の相場を調べても良いですね。

ただ、氏神様の神社であったり、いつもお世話になっている場合には多めに(1万円以上)包むことも多いです。また、菓子折りや赤飯、清酒などを持参することもあるようです。

初穂料をきちんと納めておけば、祈祷していただけるだけではなく、
千歳飴や御札(お守り)、時には金額相応のおみやげがもらえます。

おみやげには、文房具セットやおもちゃ、破魔矢、置物などいろいろあり、神社によって違うようです。

また、高額の初穂料のプランを選択すると、舞う人が増えたりということもあるようです。

七五三の初穂料はふたり以上の兄弟だといくらになる?

では、兄弟で祈祷してもらう場合はいくら払えばよいのでしょうか?
ふたりでの、3人での割引はあるのでしょうか?

こちらも、神社によっては、まれに2人でいくら、3人だといくらと決められているところや、
1人だと5000円、2人目は3000円など、割安にしてくれるところもあります

でもなかなかそういう神社はないようで、特別な感じもするので、一般には

初穂料1人分×人数分

納める方が良いと思います。
やはり、それぞれに飴やお守りをいただけるわけですから、少なめに払うと余計に心苦しくなるんじゃないかな、と思うからです(笑)

お気持ちで、と言われる場合は

初穂料5000円×人数分

がいいですね。

でも、金銭的に厳しく何とかしたい、と思うなら、
祈祷の予約を入れる際に、「◯人でいくらお納めすればよいでしょう?」とさらっと聞いてみると、もしかして、があるかもしれません。

七五三の初穂料、のし袋の書き方はこう!

スポンサードリンク

七五三の初穂料は、紅白の蝶結び(花結び)の祝儀袋を使います。
きちんとした水引でなく印刷で十分です。
のし袋がない場合は白い封筒でもよいです。

以下、初穂料の封筒の書き方について説明していきますね。

「初穂料」のし袋 表書きの書き方

表書きの上には、筆もしくは筆ペンで
「初穂料」、「御初穂料」または「神饌料」「玉串料」「御玉串料」と書きます。

神社でなく、お寺で七五三をする時は
「初穂料」、「御初穂料」または「御祈祷料」
と書きます。

下にはお祝いする子供の名前をフルネームで書きます。
名前の読み方が難しい時にはふりがなをうっておくほうが親切です。

兄弟姉妹が一緒の七五三の場合、連名にしてまとめて包んでも構いません。
名前は上の子から順に右から左へ書くようにし、
はじめの子だけ姓名を書き、後は名だけを記載します。

「初穂料」のし袋 中袋の書き方

中袋(中に入れる白い封筒)には
表中央に「金 〇〇円」
と記載します。

普通に「五千円」、「一万円」と書いてもよいのですが、
昔は大字(だいじ)という旧漢字で書くのが正式マナーとされていたので、
こだわりたい場合は「伍阡円」、「壱萬円」としてもよいです。

「金 〇〇円也」と也(なり)をつけても構いません。

中袋の裏には住所と子供の名前を書きます

最近の市販ののし袋には中袋の裏面に、
金額や住所を書く欄が予め印刷されているものもあるので、
ある場合はそれを利用するとよいでしょう。

「初穂料」中袋がない場合

中袋がない場合はどうしたら良いか、という疑問もあるかと思います。
お祝い時の祝儀袋には本当は中袋は必須です。
喜びが重なるようにという意味で袋が二重になるのが良いとされているのです。

でも、初穂料を納めるのは白封筒でもよいとされているし、
神社によってはのし袋から出して、現金だけ納めるところもあるみたいですから、
その点についてあんまり神経質になる必要はありません。

中袋がない場合、金額は裏面の左下に記入します。
住所を書いてもかまいません。

どうしても中袋を用意したい、という場合は、
「白無地金封」という白い封筒を代用したり、
半紙やコピー用紙にお金を包んで中袋の代わりにしてもよい
です。

「初穂料」には新札が必用?

必ずしも新札である必要はありません
でも、神様に捧げるものですから、ボロボロやヨレヨレのお札はさけ、
比較的きれいなものを入れるよう心がけると良いですね。

お札を少し湿らせてアイロンをかけると、
多少きれいにシワを伸ばすこともできます。
どうしてもきれいなお札を用意できない場合は試してみるのもアリですよ。

まとめ

七五三の初穂料について、まとめてきましたがいかがでしたか?
何人もお子さんがいると衣装のことだけでも大変ですが、
何回も準備するよりは楽になると思います。

七五三お参りの当日まで、まだ忙しい日は続くと思いますが
きっと素晴らしい思い出の日になります!
がんばってくださいね!

最後になりましたが、七五三おめでとうございます!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です